ADAM at

キーボーディスト“タマスケアット”を中心に2011年浜松のライヴハウスでセッション・
バンドとして活動を開始する。ボサノヴァ、ジャズ、テクノ、スカなどの要素を取り込み、ひたすら踊れるバンドとして話題となり、全国のライヴハウスからのオファーが殺到。
会場限定で販売した3曲入りシングルは瞬く間に完売。2014年1月に発売した1stミニ・
アルバム『Silent Hill』をインディーズで発売しロングセラーとなる。
2015年1月には、ビクターエンタテインメントより、1stフルアルバム『CLOCK TOWER』
を発売しiTunesではトップ・ジャズ・アルバムになり、タワーレコードのジャズ・チャート一位となった。2015年5月NHKプロ野球放送(総合テレビ・BS1ラジオ第1)のテーマ曲を担当。テーマ曲「六三四」の配信シングルはiTunesトップ・ジャズ・シングルとなる。9月には東京JAZZフェスティバル2015に出演し、フリーライヴ会場での即売CDは売り切れとなる。また、MINAMI WHEEL 2015他、数々のサーキットイベントで入場者多数のために入場制限がかかるほどの話題となる。